外壁塗装・防水工事・屋上緑化工事の専門会社アイムサービス

外壁塗装や防水工事、屋上緑化工事はお任せください:フリーダイヤル0120-938-310

外壁塗装の工程

外壁塗装工事の工事工程

近隣御挨拶
外壁塗装工事に入る前に御近所様に当社で丁重に御挨拶させて頂きます。
足場等仮設工事
単管足場・木足場を組みます。
養生、マスキング
窓枠や窓ガラス、塗料が付着してはいけない場所に、ビニール掛けやマスキングをします。この作業をいいかげんにしてしまうと細かい場所の仕上がりが悪くなってしまいます。地味な作業ですが、重要な作業でもあります。マスキングは外壁塗装の基本です。
養生ネット・養生シート
これは足場などにシート掛けをします。一般的に吹きつけなどの場合は、乾いて粒子になった塗料の飛散防止などですが、当店の場合は埃などの付着防止の為にシート掛けを行います。外壁塗装面に、木の葉や埃が付着すると、その部分だけ耐久性が悪くなったりする場合もあります。
下地洗浄
まず建物の構造と素地の種類や旧塗膜の浮き等の劣化具合から判断しお客様とご相談の上、高圧洗浄が適しているか、手作業での洗いが適しているかご報告させて頂いてから作業を進めます。特にALC住宅等の鉄骨造ですと目地や素地に大量の水分を含ませてしまいます。ただでさえ雨などの水分を吸収しやすい素材ですから要注意です。
下地調整
下地洗浄の作業が終わると、その時に発見した(クラック)などを補修します。
当社では0.5ミリ以上の亀裂であればベビーサンダーやダイヤモンドカッターで一度、V字型にカットを入れます。そしてVカットをした部分に、変性コーキングを丁寧に注入します。
なぜVカットが必要かと言いますと、亀裂の奥までキッチリと変性コーキングが注入できますし、仕上がり時の美観の問題でもあります。普通に亀裂の上からコーキングをしてしまうと、表面はコーキングされているように見えても、やはり中にはコーキングが入りきっていないのです。つまりコーキングの裏に空洞が出来てしまいます。そのような状態で上に塗装をすると、年数がたてば凹みや膨れなどの問題が発生します。
外壁塗装工事でも、屋上防水工事でも下地調整は重要です。
塗装
下地洗浄や下地調整、補修でしっかりとした下地を作って、それから主体の塗装に入ります。下塗り・中塗り・上塗りを、当社のしっかりとした工法で施工致します。
鉄部・トユ塗装
本塗装が終わる頃に、鉄部やトユなどの塗りに入ります。鉄部・トユなどはキッチリとケレンを掛けて錆落としをして、防錆剤を塗布します。そして、ウレタン塗料で仕上げさせていただきます。
足場解体ご確認
そして全ての塗装が終わり、完工致しましたら、施主様に御確認やチェックを して頂きます。この時に足場に上っての外壁塗装工事の御確認やチェックも可能です。
やはり施主様にとって手の届かない場所や見えにくい場所も、キッチリと施工しているかが御心配だと思います。そのため当社では施主様に御満足・御安心・御納得していただく為に、足場を解体する前に外壁塗装工事の御確認をして頂いております。
清掃作業
そして外壁塗装工事完工後は、家屋の回りを綺麗に掃除致します。
ページトップへ