外壁塗装・防水工事・屋上緑化工事の専門会社アイムサービス

外壁塗装や防水工事、屋上緑化工事はお任せください:フリーダイヤル0120-938-310

よくあるご質問

FRP屋上防水工事について

FRP防水工事とウレタン防水工事の違いは何ですか?

FRP防水工事とウレタン防水工事の大きな違いは耐久性です。
ウレタン防水は塗膜防水と言い防水塗料を塗布形成させて膜厚を作る防水です。ウレタン層の下にメッシュシートや補強布等を使用して引っ張り強度や引き裂き強度を強くする工法もありますがやはりウレタンはゴムであり屋上などで真夏に強い紫外線にさらされたり、冬場の低温や真夏の高温による繰り返しでウレタンゴムが劣化します。
またしっかりとした下地調整や水抜きを行わないと夏場に手の平サイズ位の浮きが発生してしまいます。耐久性では実際のところ条件にもよりますが 6年~8年位しか防水としての効果がありません。特にウレタン防水の弱点として、立上げなどの膜厚がどうしても平面(平場)と違い均一になりません。
FRP防水の場合はガラス繊維にポリエステル樹脂をしみこませていき、繊維と樹脂が 一体化となり強力な防水膜をつくります。FRPは屋上などで真夏に強い紫外線にさらされたり、 冬場の低温や真夏の高温にも十分に対応できます。ウレタン防水のように夏場、部分的に膨らんだりすることはありません。立上げなどでも平面(平場)と同じ膜厚にすることが可能です

ページトップへ